<   2008年 07月 ( 58 )   > この月の画像一覧

マコさん

この悩んだ期間、実は。
わたしは、ある人の所に行っていた。
マコさんという人だ。
マコさんは、凄いダンサーで、
身体は半端なくきくし
関節なんてないんじゃないかと思わせる不気味な感じも
全開に持っている。
初めて見たのは、2年前の新国立劇場の公演だ。
細くて、少女のような老婆のような異質感に魅了された。
しかも、ただ奇抜なのではなく、絶対的に完璧な基礎力。
その足先はどうなっているの?っていうほど鋭いつま先。
奇抜さをねじ伏せるだけの能力を感じた。

しかし、レッスン場が遠くて行けなかった。
ところが最近、阿佐ヶ谷にカンパニーの練習場所を
変えた事を知って、わらをもつかむ気持ちで行った。
本当に面白いレッスンで、しあわせ。
すっかりはまってずっと連続して行っている。
学びたい事が沢山ある。
変わり目だからこそ意味があると思う。
世の中には素敵な人が沢山いるよ。
上手い人、凄い人、有名な人、色んなダンサーに会いたい。
もっと吸収したい。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-31 05:11 | ダンス

よーーーーし!!

うん、たのしい。
あと一週間でもっと楽しむ。
前よりも、力抜いて伸びやかに楽しもう!!
のーーびのび。踊れたらきっと得る事が大きいだろう。
他の誰でもない。自分で壁を作っている。
でも、それを壊して出て来た時、最高に楽しい。
まだまだ、きっと変われる。
もっと、進める。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-31 04:07 | ダンス

ままママありがとう

スタジオを好きなだけいっぱい使うべし!!
と言ってくれた大好きな代表。
そのおかげで、
最近スタジオにこもって練習している。

でも、この振りを踊るのが嫌で怖くて、
動こうとしても身体が動けない。
どうやっても一歩が踏み出せなかった。
困って、孤独で悲しくなって、
ととのママに電話した。
ととの実家とは、大の仲良し。
本当の親子と同じで、なんでも話せる。
沢山話をして、色んなことに気付けた。

実家には携帯が一機(パパの)しかないから
そこに、「ママありがとう」とメールした。
当然パパとママ二人で見ると思ったら、
パパは合宿に行っていた。
事情の知らないパパは、わたしが自殺すると
思ったらしく大慌て、大騒ぎになってしまった。
わたしはというと、携帯の電源がなくなってしまい
全くそんなことも知らず、ごきげんに練習していた。
電源つけたら、
パパからの心配メールが山盛り。
ととからもあわてて電話があった。
いやあーー。ごめんね。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-31 00:52 | ダンス

笑顔

スタジオの近くには野球練習場があり
よく野球少年の姿を見る。

前から走ってきた少年の集団の中に
顔が赤い子がいた。
遠目から見ても、真っ赤だ。
何か、ペイントしているのかと思った。
近づくと、それは傷なのかあざなのか、とても
酷くて顔中痛々しい状態だった。
生まれつきか、それとも大きな事故にあったのか。
彼は他の子供たちと楽しそうに笑って、ふざけ合い
ながら、わたしの横を走り去っていった。
あまりに、無邪気でひどくかわいかった。
赤さなんて目に入らないほど、表情が心に残った。
理屈じゃない。
人の良さなんて、見かけでもない。
自分で自分を窮屈にしているわたしと、解放している彼。
なんだか心に刺さった。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-29 16:12 | 出会い

ヒグラシ

今頃は、
山でひぐらしが鳴いているんだろうか。
毎年、夏には山に何度も行っていた。
わたしは、迷った時山に行く。
特に山で見る滝が好きだ。
わたしの父は山が好きで、小さい頃家族で山を
よく登った。
その頃は、暑いしつらいから特に山が好きだとは
思っていなかった。
頂上が嬉しい事と、父が作るおにぎりやポカリスエット
が楽しみだった事しか覚えていない。

でも、不思議。
大人になってから、足が向くのはいつでも山。
黙々と登る。
気持ちが落ちているほど大きな山に行きたくなる。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-29 14:02 | つらつら日記

keep the faith?

信じる事のむずかしさ。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-29 03:20 | ダンス

桃香る心

a0107685_1254131.jpg

ネクタリンが大好き。
すももや、プラムなどの小さい桃類が
小さいときから好きだったけれど、
今年初めてネクタリンを食べた。
なんて美味しいの。
感動して食べてたら、
「もっとおいしい桃食べられる所に連れて行ってあげるね」って、
ととが急に言った。
ととは、いつでも喜ぶ事を考えてくれる。
でも、具体的に行く場所を提示するのは珍しい。
そんな些細なことが嬉しくて仕方がない。

いつかなあ。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-28 01:25 | 2人

みとれる

a0107685_20301314.jpg

見た?
夜の7時、
夜とは思えない程、
空がどんどん黄色く明るくなった。
下からグワーーっと空が燃えた。

遠くで雷が鳴ってきて、大粒の雨がぽつりぽつり。
火事なのかと思って、びっくりした。
空があまりにきれいで、見とれた。
大雨が来そうなのに、いつまでも道路に
突っ立っていた。
一体なんだったんだろう。
不思議な空だったなあ。
すごい。
理由もなく凄いと思う。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-27 20:30 | つらつら日記

一座七走

七回走ったら、一回座ってみよう。
自分はしあわせか。
やっている事を冷静にみつめてみよう。
という仏教の教え。
むん??
七回??
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-27 00:18 | ダンス

記憶

わたしの事をなにひとつ 覚えていてくれなくていい。
どんな人だったとか、どんな性格とか何も
思い出に残らなくていい。

ただ、わたしの踊りを記憶に残してくれたら、それでいい。
[PR]
by 2kaimenotanjyoubi | 2008-07-27 00:15 | ダンス